バナー

合宿免許の技能検定合格率が高い理由とは

合宿免許の魅力は通学教習と比較して費用が安いことと、短期間で自動車学校を卒業できることです。短期間で自動車学校を卒業ができる理由は1日2回または3回の技能教習を受講できることと、技能検定の合格率が通学教習よりも高いことです。


合宿免許では、技能教習の補習や検定不合格で再検定にならずに予定通りに卒業できる割合は8割を超えます。

技能教習で補習や検定不合格になる割合が低いのです。

基本的に日本全国全ての自動車学校で技能検定の審査方法や合格基準は同一です。
それでも合宿免許の検定合格率が高い理由の一つは、短期間に技能教習を受けるので技術が身に付きやすいことです。

通学教習であれば希望する日時に予約が取れない場合があり、順調に進んだとしても1段階または2段階を終えるためには、それぞれ数週間~1ヶ月程度かかります。教習期間が長くなれば検定の際に最初に練習した内容を忘れる場合があります。合宿免許であれば検定内容が1週間以内に習得した内容なので合格しやすいのです。

検定合格率が高いもう一つの理由は、検定不合格などで教習生に長居されると自動車学校の利益が減少するからです。



合宿免許では自動車学校はあらかじめ時間割が決められているので、技能教習の予約が埋まらずに空き時間になる指導員を減らすことで経営の無駄を省き、教習料金を安くすることができます。



教習生を短期間で卒業させることで、計画的に多くの教習生を受け入れることができます。


ところが検定不合格で補習を受けて卒業までの日数が延びると次の教習生を受け入れる際に支障となってしまうからです。

これに加えて合宿プランの多くは一定時間数までの補習料金や宿泊費用の追加料金の支払いが不要ですが、追加費用を負担するのは自動車学校です。

このため指導員は教習生の合格率を上げることが求められており、卒業検定のコースも自転車や歩行者など交通量が少なくて易しい道が設定されています。